校章
  校章の由来
 

 

 
和光市の木「いちょう」の葉をデザインしたものです。
 
いちょうは、中国原産で、古く日本に渡来し、
今は広く分布しています。
落葉高木で、高さ30m、直径2mにも達します。
 
三枚の葉は、
本校に設置される三学科がバランスよく相補って発展し、
「知・徳・体」「真・善・美」の調和のとれた、
たくましく、おおらかな人間を育成することを意味します。
 
葉脈は、ネットワークを表し、
情報化社会をリードする人間の育成を意味しています