校長室より

校長の部屋へ ようこそ

本校の標語(School Motto)は
Read, See & Think.「読んで、見て、そして考えよ。」です。
和国生は幅広い学びや活動を通して、自分で考え自分で行動できるよう成長していきます。
3年間の一歩一歩の努力の積み重ねが将来の大きな夢の実現につながります。
Small Steps, Great Dreams.

和国生の今後の活躍にぜひ御期待ください。
                      校長  山田 杉子

 

 

 

 美術部生徒が制作してくれた校長室と応接室入口の“Small Steps, Great Dreams.”

日誌

校長日誌

2学期を終えて

 2学期はみづのき祭、海外修学旅行など多くの学校行事があり、部活動の大会やコンクール等での活躍もたくさん見られ、大変充実した4か月間でした。日々の授業や学習と部活動や行事などの活動を両立させるためには、生徒は集中力、継続力、自分で時間を管理する力などが必要だったと思いますが、中にはバランスを崩す生徒も少なからず見受けられました。3学期の努力に期待しています。3年生はいよいよセンター試験・一般入試目前となりましたが、これまでの努力を実らせてぜひ頑張ってほしいと願っています。                                         

 11月には本校が開校当時から交流のあるアメリカ合衆国ワシントン州ロングビュー市にある州立2年制大学のLower Columbia College(以下LCC)の学長が来日し、和光市長ご同席のもと連携協定を結ばせていただきました。和光市と本校のバックアップにより安心して信頼できる環境で学ぶことができ、手続きも本校が直接LCCと行うため大幅に負担を軽減することができます。また、12月にもLCCや4年制大学、奨学金について説明する「海外大学進学ガイダンス」を開催しました。本校ではLCCを含め、海外大学進学を希望する生徒への支援を充実させていきたいと考えています。

 本校は今年も多くの海外研修プログラムを実施し、海外の高校生も多く受け入れています。2学期は9月に、交流を続けているオーストラリアのセント・ピーターズ・カレッジが来日し、10月には姉妹都市ロングビュー市の訪問団の高校生を受け入れました。この他にも、2年生全員がシンガポールへ修学旅行に行きましたし、埼玉県のグローバルリーダー育成プログラムでボストンのハーバード大学やマサチューセッツ工科大学(MIT)で授業を体験した生徒も3名おりました。生徒たちはこういった海外への関心やそこからいろいろなことを学びたい、吸収したいという意欲が旺盛で、英語や第二外国語の力を磨こうと頑張っています。外国語科はもちろんですが、普通科の生徒たちも多分にその傾向があります。

 終業式の講話で、生徒が授業を受ける姿勢について、「人(教師や他の生徒)の話をよく聞いてメモをとり、書かれているものからしっかり読み取り、そしてよく考えて、自分の意見を表明できるようになる」ことが大切であり、これが本校の目指すグローバルリーダーの土台であると話しました。海外を経験した生徒はやがて、海外経験を積むことや語学力をつけるだけでなく、自分の話す内容自体が大事であることに気づきます。「もっといろいろなことがわかるようになって、話の中身を充実させたい」と感じ、本気のモチベーションが生まれるのです。幅広い教養や国内外への深い理解を得るためにも、日々の授業にこのように主体的に取り組んでほしいと思っています。3学期も頑張りましょう。

 

 

 

                                

                                             

夏休み、そして2学期に向けて

 今年は梅雨明けが遅かったですが、8月に入ってからは猛暑が続きました。
 部活動の合宿や試合・コンクール、課外(夏季補講)や文化祭の準備など、夏休み中も予定がびっしりでした。今年の夏も生徒たちは暑い中、本当によく頑張っていました。また、長期休業で日頃はできないことに打ち込むことができたのではないかと思います。3年生にとっては受験の夏、7月末には勉強合宿も実施しました。大変だと思いますが、ここでつくった流れを着実に2学期につなげてほしいと思います。
 ところで、本校では夏休みにさまざまな海外研修を実施しています。オーストラリアが2コースあり、イギリスと計3コースは本校職員が引率しています。いずれも単なる観光ではなく、高校での授業体験や大学訪問、文化交流など学校ならではの研修内容となっています。この他にセブ島研修のように語学習得に特化したものもありますが、中にはベトナム研修、インドネシア研修など、多様な文化・社会を経験するプログラムもあり、本校では1年間に約100名が海外研修に参加しています。本校ホームページにはこれらの研修報告がたくさん載っていますので、ぜひご覧いただければと思います。
 いよいよ2学期が始まります。今日は、2学期から1年間、本校で学ぶことになった留学生2名が準備のため来校してくれました。台湾とフランスからの留学生です(後列左から2人目と3人目)。二人にとって本校での生活が充実したものとなることを願っています。また、本校の生徒も、共に過ごすことでたくさんの良い刺激が得られると思います。

   
 9月にはみづのき祭、文化祭と体育祭が行われます。3年生にとっては高校生活を締めくくる思い出、全校をリードしてみづのき祭を成功させてくれると期待しています。文武両道で2学期も頑張りましょう!

新学期がスタートしました

 春休み中も海外研修(アメリカ・ロングビュー市、台湾)、部活動の大会や合宿、外国語科1年生の英語キャンプなど、多くの活動が行われましたが、4月8日、1学期がスタートしました。


   3年生はいよいよ進路実現に向けて具体的に進んでいきます。2年生は活動が最も充実する1年間になると思います。和国生として自分の立てた目標を達成すべく、日々の努力を積み重ねてやりきってほしいと願っています。
 午後には入学式を挙行し、323名(普通科241名、外国語科82名)が入学しました。


   和国生として、学業はもちろんのこと、学校行事や部活動、海外研修など多くの活動に積極的に取り組み、視野を広げ、人間的にも大きく成長してほしいと思います。
 今年度1年間、本校教職員も全力でサポートします。頑張りましょう!

 H31入学式式辞.docx

平成30年度を終えて

 今年度も保護者の皆様をはじめ多くの方々に御協力をいただき、地域の学校や関係機関と連携させていただき、多くの充実した教育活動を実施することができました。
 本校の建学の理念や、代々の生徒たちが受け継いできた和国生の良さを、これからも大切にしていきたいと考えています。
 本校の生徒たちの中にある、未知の分野への関心や意欲、社会の一員としての自覚や自発的な行動、国際人となるための広い視野や豊かな人間性などの「芽」は、授業だけではなく、本校でのたくさんの多様な経験がきっかけとなって伸ばされているように感じています。
 例えば、和国生に必要な力のひとつとして「伝える力」があります。3学期で言えば、1月のビブリオバトル(日本語と英語の両方のバトラーが登場しました)、3月のディベートマッチ(外国語科1年生)、春休みの英語キャンプ(1年生)など、普段の授業以外にもさまざまな取組を手間暇をかけて準備し、実施しました。生徒たちはこういった経験を重ねて、発信力や表現力、説得力などを身につけていきます。
 
 
 平成31(2019)年度も、本校は生徒たちのたくさんの可能性を引き出し、伸ばしていけるよう取り組んでまいります。御協力・御支援をお願いいたします。

第30回卒業式

 3月13日(水)、第30回卒業証書授与式を行いました。
 本校の卒業式は証書授与を中心としたシンプルな式ですが、在校生代表の送辞には先輩への思いが、そして卒業生代表の答辞には本校での3年間を振り返ってのたくさんの思い出と後輩たちへの思いがつまった感動的なものでした。
 和国を巣立つ30期生が今後さらに大きく成長していくことを願っています!
 卒業おめでとうございます。
 
    H30卒業式式辞.pdf

 

合格発表

 合格発表(来年度入学許可候補者の発表)を行いました。本校での高校生活を思い描いて願書を出し受検していただいた中学生の皆さんに対して、合格を伝える喜びと、一方では希望に添えなかったことをお伝えしなければならない辛さを感じる日でもあります。
 本校に入学される生徒の皆さんには、3年間の和国生活をぜひ有意義なものとしていただきたいと願っています。合格おめでとうございます。
 

シンガポール修学旅行

 今年度の修学旅行は、シンガポールへ10月27日(土)~10月31日(水)の日程で実施しました。昨年度はグアムで計画しましたが、残念ながら国内へと変更を余儀なくされたので、まずは予定どおり実施できてよかったです。来年度も10月にシンガポールでの実施を予定しています。(来年は大学訪問ではなくマレーシアの農村体験を組み入れて実施する予定です。)

 本校の海外修学旅行は単なる観光旅行ではありません。事前にシンガポールの文化、歴史、社会情勢などさまざまな角度から学習します。今回は事前学習の一環として、鎌倉でフィールドワークを行いました。事前にグループでテーマや調査項目を設定し、現地で外国人観光客にインタビューをして、その結果や考察をスライドにまとめてプレゼンテーションを行いました。
 

 また、自分自身や本校について、日本について説明ができ、現地の人々と英語でコミュニケーションがとれるように練習し、準備を重ねました。
 修学旅行本番では、シンガポール市内でB&S(現地大学生の案内による市内見学)と、翌日は生徒だけのグループでのフィールドワークを行いました。大学生や現地の人々とのコミュニケーションは、最初はスムーズにいかなかった生徒もいましたが、次第に慣れてきて、体験を積み重ねることの大切さを実感しました。

 今回の目玉は現地最終日の大学訪問、名門の南洋工科大学でした。2年生全員がグループに分かれて、将来の夢やお互いの国の状況について大学生とディスカッションを行いました。どのグループも話題が尽きることなく、キャンパス見学の時間も予定を変更して最後までたくさんの話題で盛り上がっていました。

 
 帰国後にまとめと振り返りを行い、現地でのグループフィールドワークについては、12月にクラスで発表した後、1月にはクラスの代表グループによるプレゼンが学年全体で行われました。日本とシンガポール両国における文化、家庭内での仕事(家事)の分担、結婚観などの違いや、Singlish(シングリッシュ:シンガポールで話される訛りの強い英語)の意義と未来、などさまざまなテーマでの発表があり、外国語科のクラスでは英語で発表したグループもありました。


 このように海外修学旅行で得られた経験と、事前・事後に長い期間をかけて取り組んできたことは、生徒たちが今後さまざまな挑戦をする上での自信につながり、必ず活かされるものと期待しています。
 外国語科や海外に特に関心の高い生徒だけでなく、学年全体として取り組む、海外修学旅行を中心としたこれらの取組を、さらに良いものへと進化させていければと考えています。

校内献血

  10月3日(水)、今年も校内献血を実施しました。日本赤十字社の要請を受けて、校内で希望者を募り、健康面や安全面に十分配慮して無事に実施することができました。
  各学年の生徒がそれぞればらばらに善意で申し出てくれて、全校で70名というのは、とても素晴らしいことだと思います。このように、本校には自分にできることでなにか人々の役に立ちたいという思いをもっている生徒が多くおり、この心をこれからも大切にしてほしいと願っています。

St.Peter's College 来校

  今年の夏、本校生徒がオーストラリア研修でお世話になった、St.Peter's College(セント・ピーターズ カレッジ)の生徒7名と引率の先生2名が9月26日(水)に来校し、3日間本校での学校生活を体験していただきました。
  授業での生徒との交流のほか、少林寺拳法部の演武の披露や茶道部による「国際茶会」で茶道体験、吹奏楽部との交流など、日本文化や本校のさまざまな活動を紹介することができました。 本校ではこのような外国からの訪問や留学生受け入れなどでホームステイを実施していますが、本校生のご家庭からは幸いにも受け入れのご希望を多く伺っており、大変ありがたく思っています。
  これからもこのような学校同士の交流を通してさまざまな体験の機会を提供していきたいと考えています。

みづのき祭

 本校のみづのき祭は文化祭、そして体育祭と続きます。実行委員や生徒会は1学期から企画や準備に取り組んでいます。和国生のもつエネルギーと生徒それぞれの力や豊かな個性が表現される本校最大の行事です。
  9月7日(土)~8日(日)の文化祭では地域の多くの皆様にご支援いただき、また1日限りの8日の一般公開では3000人を超えるお客様に文化部やHR等の企画など生徒の活動の成果をご覧いただくことができました。校内の案内や手作りのゴミ箱の設置、会場によってはうちわの配布など、おもてなしの心でお迎えすることができました。


 また、9月20日の体育祭(非公開)では各団がやぐらを装飾し、競技も応援も各団の3年生がリーダーシップを発揮し、学年を超えて力を合わせて大変盛り上がりました。本校生徒は文化祭でクラスのチームワークを高め、学校全体でもつながりが深まり、体育祭へとつながっていき素晴らしい体育祭になりました。この達成感やチームワークをぜひこれからの活動に生かしてほしいと願っています。