最近の出来事2019

海外大学進学者(卒業生)との懇談会

 アメリカ・ワシントン州のコミュニティ・カレッジ(2年制大学)に進学し、夏休みで一時帰国していた卒業生が9月3日(火)来校し、在校生で海外大学への進学を検討している生徒たちのために体験談を話してくれました。
 最初は日本の大学への進学を考えていたのに、なぜ海外の大学を志望するようになったか、合格するためにどのような準備をしたのか、そして入学してみての実際の大学の授業の様子や現地での生活・費用面についても細かく教えていただきました。この卒業生の場合は、比較的こじんまりとした規模の大学で教授との距離が近く、4大レベルの授業も受けることができるそうで、やりがいを感じていることが伝わってきました。また、この先の4年制大学への編入や将来の目標なども具体的に考えている先輩の話を聞いて、生徒たちは大いに刺激を受けた様子でした。
 この日は9名の生徒が参加しましたが、たくさんの質問が出て、会が終わった後も長々と卒業生と話す姿が見られました。