最近の出来事2020

2021年3月の記事一覧

少林寺拳法部、全国を制す!

少林寺拳法部、全国を制す!

2021年3月26~28日、善通寺市市民体育館(香川県)にて第24回全国高等学校少林寺拳法選抜大会が開催されました。我が部は全5種目の内、すべてで予選を突破し、さらに3種目で念願の全国1位、そして3位・4位となりました。(過去は6位が最高結果でした)我が部始まって以来の快挙です。しかも、全員が高校生から少林寺拳法を始めた生徒達です。

 

●規定単独演武の部(1年生の部)

  優  勝  八木 希望<1―6和光市大和中>

  ベスト16  矢野 怜奈<1―4さいたま市内谷中>

 

●自由単独演武の部(2年生の部)

  3  位  蒦手 小雪<2―8さいたま市八王子中>

 

●規定組演武の部(1年生の部)  

  ベスト17  安野 結空・原島 志帆

     <1―8富士見市勝瀬中・1―5富士見市富士見台中>

 

●自由組演武の部(2年生の部)

  ベスト15  米本あかり・高谷 真希

     <2―2新座市第二中・2―8所沢市上山口中>

 

●団体演武の部

  4  位  米本あかり・高谷 真希・蒦手 小雪・佐藤 花菜

        青山 華子・平田 彩咲・石田 遙菜・松下 嬉歩<2年>

 

 

卒業生に聞く会

3月22日に、先日卒業式を終えた先輩方30名に来てもらい、2年生対象に「卒業生に聞く会」を実施しました。卒業生たちは、1,2時間目という早い時間帯にも関わらず快く後輩たちのために来校し、貴重なお話をしてくれました。

先輩方からは、入試改革初年度のプレッシャーの中で、各自の目標を達成するために臨んだ経験を、個性豊かに話してもらうことができました。

最終学年への進級を目前に、今後の進路選択のための準備を「いつ」「どのように」して行なったらよいか、貴重な経験談を聞くことができたようです。これまでのことを振り返り、これからのことを考える良い機会となったのではないでしょうか。

 

 

第32回卒業証書授与式を挙行しました

春の陽気を感じさせる3月11日(木)に、第32回卒業証書授与式を挙行いたしました。

緊急事態宣言が発出中のため、在校生は出席できず、保護者も各家庭1名のみの参加となりました。

卒業証書授与

式辞では、「国際社会で必要とされるグローバルリーダー」となるために、国内外で国際社会の協調や平和の歩みを進め、持続可能な社会の実現に貢献することや、身近な地域社会の問題に目を向けて行動してほしいと、校長から卒業生に対して激励を行いました。

送辞では、現生徒会長が3年生と過ごした日々を振り返り、先輩が卒業する寂しさと卒業後の活躍を願う気持ちを伝え、和国の伝統を受け継ぎ、笑顔を絶やさない学校にする決意を述べました。

答辞では、前生徒会長が入学からの楽しかった学校生活や行事を振り返りながら、和国への思いを述べていました。また、コロナ禍で通常とは異なる学校生活を強いられる日々に対する悔しさを滲ませていましたが、困難な局面を仲間と共に乗り越えたことを誇りに思っていました。在校生には、和国をさらに発展させ、笑顔の絶えない愛される学校にしてほしいと、メッセージを伝えました。

答辞

新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、通常とは異なる形での卒業証書授与式でしたが、321名が無事に卒業しました。今後は、それぞれの道に進んでいくことになりますが、和国で過ごした日々を糧に、各方面で活躍してほしいと思います。